私たちの想い

変化に柔軟に対応できる人材の育成がどうして必要なの?

日本政府は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)やAI(Artificial Intelligence:人工知能)などのデジタル革新と多様な人々の 想像・創造力の融合によって社会の課題を解決し、価値を創造する社会「Society 5.0(ソサエティ5.0)」の実現を目指しています。これを実現することは「SDGs]の達成にもつながります。
「Society 5.0」の社会で人々の生活はより豊かになりますが、その一方で人工知能やビッグデータ、RPAなどの活用により、無くなる職業が激増し、ライフスタイルさえも激変 すると言われています。そんな時代だからこそ多種多様な考え方に触れ、世の中の動きとその変化を的確にとらえ、変化に柔軟に 対応できる人材にこそが、未来を切り拓いていけるのです。 子ども未来研究所では、IT教育を通じて「変化に柔軟に対応できる人材」の育成を目指しています。

  • SDGs
  • すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

SDGs

子ども未来研究所は、地域のIT教育普及を通じて
「持続可能な開発目標(SDGs)」実現に貢献実現に貢献していきます

子ども未来研究所は、地域のIT教育普及を通じて「持続可能な開発目標(SDGs)」実現に貢献実現に貢献していきます

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の 間で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。

すべての子供たちが、より良い未来に向かって自由で質の高い創造ができるよう、プログラミング教室やロボット制御のセミナーを開催し学びの機会を創出していきます。